見えない世界への葛藤

雑感
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

みなさん、見えない世界のことについてどのようにお考えですか?

「目に見えるものが全てではない」と言いますが、

私もこれには100%賛成します。

そして「そうだよねーニコニコ」って思う人、多いんじゃないかなって思います。

でも、いかんせん「見えない世界」のことなので

「なんとなく」

「ただなんとなく」

「そんな気がする」

という感じで捉えているわけで

その捉え方、感じ方は人それぞれだし

例えていうなら「お墓参りしたから病気が治った」という人もいるけど

「お墓参りしたけど治らなかった」という人もいて

科学的な根拠がないことは全て間違いかというと

科学では説明がつかないけど、実際そうなんです、ということもあるし

西洋医学ですべての病気が治るかというとそうではないし

代替療法、自然療法で治ったという人もいるわけで

でも、すべての人に当てはまるわけではなく

なので結局のところ、見えない世界について

「なにかあるんだろう」と思ってはいても、

それが全面的に出てしまうと多くの人が「うさんくさい」と思ってしまうんだろうなと思います。

そもそも私がそうだったので。

「チャネリング」とか「霊視」とか聞くと

心のシャッターを閉める感じでした(笑)

だからと言って幽霊は存在しないとか、

地球以外に生命体はいないと思っているわけではないんです。

存在するかもしれないよね、存在してもおかしくないよね、とは思っているものの

そういう存在とコンタクトが取れますってなると

「へえ・・・真顔」ってなるタイプでした大あくび

私はずっと田舎住みなので

横浜のアロマの先生が、話の中で「私の生徒さんにヒーラーしてる人がいるんだけど、

その人がね、云々」って言ったときは

「ヒーラーって…驚きあやしすぎるでしょ」って思ったものです

(はい、あの時は大変失礼しましたあせる

そもそも、私は心理学を学んで心理士として仕事をしており

それこそ「無意識」という見えない世界とは切っても切れない身でした。

無意識って、確かに存在するのはわかるんですけど

見えないから、扱うことが難しいし、確証が得られないし、

客観的証拠でもって説明するのが難しいし

どうしていいかわからない、

でも、深くて興味深い世界だなとは思っていました。

さらに10年くらい前から「引き寄せの法則」なんて言われ出して

「周波数」の考えに触れると

「へえ!面白い」とは思うものの

証明できないよねえ・・・って思ったし

あと、うさんくさいスピリチュアルビジネスと結びついていることも多いためか

「興味はあるけど、染まりたくない」という

なんとも複雑な心境でした。

あとは、スピリチャルに傾倒してる人って

現実逃避してるように思える人だったり(天使とか妖精とか昇天

愛とか光とか言ってるわりには俗まみれっぽい感じだったり

あまり仲よくしたいと思わないイメージがあって滝汗(すみません💦)

興味はあるけど、距離を保ちますというスタンスでした。

でも、見える世界が全てではないというのは確信としてあったし

見えない世界があるなら、そっちも活用できたら

自分の世界が広がるよねっていう思いはあったので

すごい葛藤はありました。

その期間は結構長かったなあ…

そんな私ですが、ひょんなことからキネシオロジーの世界に足を踏み入れるのです。

次回に続きます照れ